SERVICE オンライン・オフラインコミュニケーション

オンライン・オフラインコミュニケーション(イベント・キャンペーン・プロモーション)

キュービットでは、ウェブ技術を利用することでOnlineとOfflineの導線を繋げる仕組みを構築することができます。
お客様を、イベントやキャンペーンの展示場、展示会、店舗などへ誘導する導線を作る事ができます。
イベントや展示会後も、継続プロモーションを行う事でお客様へのアプローチができるようになります。

ウェブサイトと現場とを繋ぐ、オンラインからオフラインへの導線の作成、相互連携などができるようになります。 O2O(オンライン・ツー・オフライン)

キオスク端末、各種カード(非接触型等)&カードリーダー、バーコード(2次元も含む)&バーコードリーダー、その他のハードウェアを組み合わせ、ウェブ技術を利用することでOnlineとOfflineの導線を繋げる仕組みを作成することができます。

ウェブから店頭などへの誘導フロー

ウェブで予め情報を記入し、現場(イベント会場、店舗、セミナー)などに誘導する方法です。

1.各チャネルで広告をおこないます。
2.PCか携帯端末で、申し込みを行って頂きます。
3.会場に来た際に、入力された情報と一致するか本人認証をおこないます。その後、インセンティブなどを提供します。

スタンプラリー

非接触ICカード(edy/suica/pasmo等)と非接触ICカードリーダーを利用することでスタンプラリーを行う事ができます。

1.告知を様々なメディアで行います。
2.お客様に、各拠点に設置したリーダーにカードをかざして頂きます。
3.チェックポイントで、アンケートなどを記入して頂き、各拠点の情報により景品などと交換します。

ここでは、各ポイントでお客様に様々な体験をして頂けるような仕組みと組み合わせてご利用頂けると効果的です。また、非接触ICカードを利用しない場合でも、バーコードやQRコード(2次元バーコード)で代用することも可能です。

入退室管理システム

事前に登録されているカード(ディバイス)で本人とし、 入退室管理を行うことができます。(この場合非接触ICカード )

1.予め非接触ICカードを登録しておく。
2.非接触ICカードリーダーを入室ポイントに設置する。
3.入退室の時間が残ります。

※非接触型ICカードだけでなく、バーコードを発行する場合やQRコード(2次元バーコード)を発行する場合もあります。 この技術を他の導線設計に組込む事で、導線の利用データーを取得できるようになります。